投資情報

もう一度だけチャンスをください、イギリスの分水嶺

イギリスはもう一度国民に決断を委ねることなる。 議会は総選挙を12月12日に前倒しで行うことを賛成多数で可決した。与党・保守党は過半数を取り戻し、離脱を確実なものにしたい考えだ。 ジョンソン首相は「今こそ英国が団結してEU離脱...
相場観

日米揃って最高値、買いを主導するのは誰?

日経平均は7日連続で年初来高値を更新。 S&P500は史上最高値、やはりアメリカは強い。 日米の主要指数は好調な値動きを維持している。 米中貿易摩擦・英国の合意なき離脱といったリスクが後退したことが理由とされてい...
投資情報

追加緩和の切り札

日本銀行の布野幸利審議委員は10月3日、松江市で記者会見し10月30.31日に開く金融政策決定会合は「非常に重要」とし、経済・物価・金融情勢を踏まえて「適切に政策措置を取ることが重要だ」と語った。 前回9月の会合では2%物価目標を達...
外国株

Microsoft 国防クラウドコンペで Amazon に勝利

米国防総省が発注している国防クラウド「JEDI」において、マイクロソフトがアマゾンを逆転し契約を締結した。契約額は破格の100億ドル規模。 当初はクラウド最大手のアマゾンが優位とされていたが、土壇場で番狂わせが起こった。 今回...
国内株

脱創業家のスルガ銀、一時11%高

28日の株式市場でスルガ銀行が大幅高。 シェアハウスを巡る不正融資が横行していたスルガ銀行。創業家関連企業に対する融資について、具体的な返済計画の検証を行っておらず、不適切な融資管理が認められると金融庁から指摘されており、創業家との...
投資情報

合意の延期が首を絞め続ける

イギリスのEU離脱を巡る混乱が続く中、企業に影響が出てきている。 現状、10月末時点での「合意なき離脱」に至る可能性は低くなった。しかし落としどころに関しては道筋が全く見えない。 イギリスに進出しているグローバル企業にとっては...
外国株

【AWS鈍化】Amazonの成長期待に陰り?

アマゾンは24日夕方、2019.7-9期決算を発表した。9四半期ぶりに純利益が前年同月期比で減少。主因は通販事業への設備投資増と、クラウドサービス「AWS」の成長率が鈍化したことだった。 これを受けて株価は時間外で7%減。上値を期待...
国内株

「ウィー株安価購入は好材料?」ソフトバンクGはどうなるか

24日(金)、9984ソフトバンクG株は一時節目の1400株を割り込んだ 米シェアオフィスのウィーワークを運営するウィーカンパニーに対し最大95億ドルを投じると23日に発表。投資事業の先行き懸念から株価の下落が続いている。 今...
投資情報

人生100ありゃ苦もあるさ

近年話題になった「人生100年時代」という言葉がある。 読んで字の如く、人の一生が100年近くなることが当たり前の時代。これに少子化が加わることで、65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占める「超高齢社会」が目の前に迫っている。 ...
国内株

自社株買いが増える理由

2019年は例年に比べ、自社株買いが増加している。 2018年度も自社株取得枠設定の金額は約6兆9702億円と過去最高の数字を記録したが、2019年度はそれを上回るのが確実視されている。 その額は4-8月時点で4兆3559億円...
タイトルとURLをコピーしました