勇者の投資

投資情報

VIXという指数はご存知だろうか

別名「恐怖指数」と呼ばれ、米国のS&P500指数を対象としたオプションの取引価格から推計される予想変動率(標準偏差)をもとに作成される指数である

難しい単語が並んでいるが、平たく言うと「投資家心理」が数字として現れる

もっと言うと投資家が相場に対してビビっているかどうかが分かる

相場の熱量

ここで言うビビるとは、「相場がこれから下がるんじゃないか」と思っている投資家が多いという状態を指す

これから下がると思っているので当然売りが多くなり、悲観的なムードが漂う

そうした時にVIX指数が上昇すると覚えておけば問題ない

リーマンショックなどの歴史的な下げ相場の際にもVIXは上昇している
こうした例は極端なケースだが、通常の下げ相場の際は20倍程が天井とされている
ただし、大きな事件などがあって株価が暴落すると、VIX指数の数値はもっと大きくなる
30を超えると超悲観的、40を超えるとパニック状態といった感じだ

要するにそうした節目のタイミングで反発(上昇)しやすいのだ

20近くまで上昇したVIX指数

Buy low Sell high

短期にせよ長期にせよ、どうせ買うなら安いタイミングで買いたい

そうした時はVIX指数が高いのかどうか見るのも面白い

皆が悲観的になっているタイミングで買う
皆が楽観的になっているタイミングで売る

それが必ず正しいというわけではないが、大多数と同じ動きでは勝てない

下がっている時に買うということは火中の栗を拾うことであり文字通り恐怖を伴うが、どのみち変動商品を扱う以上で百発百中はありえない

逆張り投資も自分のオプションとして持っておくのが良いだろう

逆張りは恐怖に打ち勝つ勇者の投資だ

ぼく
ぼく

でも買う銘柄はちゃんと選んでね

タイトルとURLをコピーしました