今更聞けない【年金2000万円問題】

年金

2019年6月金融庁から老後の生活のため、「年金とは別に2000万円の蓄えが必要」という内容の発表があったことは記憶に新しいことかと思います。この記事ではこのニュースの背景や年金事情について簡単に解説できればと思っています。

この2000万円という数字、どういう計算で算出されたものなのかおさらいしましょう。

高齢者夫妻世帯の平均収入(年金込み)が209,198円/月、平均支出が263,718円となっています。その差額−54,520円、つまり毎月5万円程の赤字家計になるわけです(年金の収入込みです)。

老後の30年間生活するとして、                       −54,520円×12ヶ月×30年間=−19,627,200円 約2000万円が必要になります。

少し前に年金機構がこんなツイートを出していました。皆さんの給料から天引きされているお金がどのように管理されているか、基本的なことを抑えて頂ければと思います。

年金積立金管理運用独立行政法人
年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。年金積立金の安全かつ効率的な管理・運用に努め、年金制度の運営の安定に貢献します。

上のURLはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)といサイトのリンクです。ご存知の方も多いとは思いますが、年金積立金は株や債券といった金融商品で運用を行っています。是非ご覧になってみて下さい。

大事な年金を株みたいなギャンブルにつぎ込むな! といったご意見も珍しくはありませんが、 かといって現金のみで保有するといった選択肢は残念ですがありえません。

年金を受給する高齢者が増え、年金を収める若年層が相対的に少ない現状では、集めた資金を増やすということが必要不可欠だからです。

それに当然のことですが、年金機構も闇雲に投資をしているという訳ではないのです。

https://www.gpif.go.jp/resources/images/home/operation_2018_035988.png

年間の平均利率は約3%、2001年から65兆円程のリターンという成果を出しています。それでもなお収支ではマイナスになっており、国民一人一人の自助努力が求められている現状です。

最初の記事からネガティブ感満載ではありますが、今後国民に求められる金融リテラシー・知識等を管理人の復習も兼ねて記載させて頂こうと思いますので、宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました