どっちを売りますか?

投資情報

あなたは2つの株を保有しています

急にお金が必要になり、株式を売却することになりました。

A株:値上がりしており、評価益
B株:値下がりしており、評価損

あなたなら、どっちの株を売るでしょうか?
直感で答えてみてください。

大抵の場合、
値上がりしているA株を売り、値下がりしているB株を売却しがちです。

そうした行動が、損失を抱えた状態で売るに売れない状態
いわゆる「塩漬け株」と呼ばれる株が多くなる理由です。

合理的な判断をするのであれば、
成長性のあるA株を残し、停滞しているB株を損切りする
という判断が正しいのですが、中々そう上手くはいきません。

バイアスと経済的合理性

先ほどの内容で、
「でももしかしたら、B株がその後上がるかもしれないじゃん」
と思った方もいらっしゃるかもしれません。

たらればですが、その通りです。

ですが、B株を売るという判断に関して、
どのような判断基準があったかが大事なのです。

A株とB株のこの先の株価については、どちらも不確実な状態です。

ところが人間は、
利益を考えるときは不確実な状態を嫌い
損失を考えるときは不確実な状態を好む
という心理的傾向(バイアス)があることが知られています。

このため多くの場合、損失を抱えた株を持ち続けやすくなるのです。

そして残念なことに、こうした行動は投資リターンにも悪影響を及ぼします。

投資判断と感情

株をはじめとした変動商品の取引を行う上で、
安く買って高く売る」ということはセオリーです。
※自分がこれから価値が上がると思っているものを買う場合
実際にそうした売買の経験がない方もイメージしやすいと思います。

そのセオリーに則って株式を売買するのですが、不思議なことに
株価が安くなるともっと下がるのではないかという恐怖が、
株価が高くなるともっと上がるのではないかという欲が生まれてきます。

いつが一番安いか高いかということは、振り返ってみないとわかりません。
一番いいところで売買しないと気が済まないという方は、
変動商品の運用・取引は辞めたほうがいいと思います。

終わりに

今回は投資判断と感情についてまとめてみました。

長い間取引を行ってきたベテランの投資家でも
感情的になり、誤った判断をしてしまうことは珍しくありません。

勢いのある株式に後乗りすることや、倒産の恐れのある株を買いに行く
という判断も結果的には正しかったということになる場合もあります。

投資銘柄を研究し尽くし、絶対に株価が上がるという確信が得られたとしても、
それがどうなるかは結局のところ、蓋を開けてみなければ分かりません。
ほんの少し、損するかもしれないという恐怖は残ります。

その恐怖は勇気で乗り越えるしかありません。
是非飛んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました