えっ、もしかして「 r > g 」を知らない?

投資情報

「21世紀の資本論」という本をご存知だろうか?

フランスの若き経済学者トマ・ピケティが書いた経済書である。翻訳本が日本でも発売され、ベストセラーとなった。

その本の中にでてくる不等式が「 r > g 」だ。一体この式が何を示すのか、そして我々の生活にどう関係しているのか。そんなに難しい話ではないので聞いてほしい。

経済的不平等についての専門家であり、資本主義と格差拡大の関係について論証

そもそもどういう意味?

まず r と g について説明しよう。

r は資本収益率を示し、g は経済成長率を示す

これだけではなんのことかピンとこないかもしれないので、もう少し掘り下げる。

r は資本(お金)が産む収入の成長率g は労働収入の上昇率だ。
資本が産む収入はここでは運用と捉えても良い。

これを「 r > g 」に置き換えると「運用収入の伸びは労働収入の伸びよりも大きい」ということになる。しかもいつどんな時代においても

貧富の差は拡大し続ける

いかにお金に働いてもらうかが貧富の差を分ける

ここでいう「 r 」は株・不動産等といった、不労所得を産み出す資産。これを持つ者と持たない者の差は広がるということをピケティ氏は自署で示している。

しかも1800年代から現在までの約200年間にわたるデータで裏付けを取っている。ちょっと、というか本当にすごい本なのだ。

ともあれ資本主義の世の中では、「 r 」を持つ者と持たざる者の格差は徐々に広がっていく。こうした不平等を是正するには、富裕層の所得や資産に対して累進課税を強化することが必要と言ったことが結論として書かれている。

では我々は何をすれば良いのか?

至ってシンプルな答えだが、「 g 」だけでなく「 r 」を持てば良い。

幸いそのための手段はいくらでもある。

ぼく
ぼく

富の再分配を待つくらいなら自分で掴みにいくべき

タイトルとURLをコピーしました