【SDGs】あの見たことあるバッジ

投資情報

スーツに付いてるあのバッジ、
あれって何だろう?

そう思った方は多いのではないでしょうか。

スーツの胸元を飾るカラフルなバッジは、
SDGsと呼ばれる政策目標に協力する企業に付与されるものです。

SDGs

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」
の頭文字をとり、SDGsと呼称されます。

2015年に国連サミットで採択された、
世界をより良くするための目標と認識しておけば間違いありません。

2030年までに17の環境・社会問題を解決するために
世界中が手を取り合う約束事です。

今回はそのSDGsが投資にどう関わるのか、お話ししたいと思います。

最近こんな言葉が出てきました。

ESG投資

ESGとは

Environment(環境)
Social(社会)
Goovernance(企業統治)

の頭文字をとった造語です。

簡潔に言うと、
環境問題に配慮し、社会的な貢献を果たし、企業としての統制がきちんと為されている
そうした企業に投資をするべきという声が高まっています。

世の中のトレンド(風潮)として、
例え業績が良かったとしても、上に挙げたESGに配慮ができていない企業は、
投資対象に値しないという流れができつつあります。

当然これによって、企業経営のあり方も変わらなければいけない時代に突入しました。

SDGsに取り組むことのメリット

現状日本企業の多くは、「以前はこうだったから」「弊社にはこういった強みがあるから」
といった積み上げ方式での考え方をしていました。

ところが2030年という明確なゴールが存在するため、逆算が必要になります。

自前の技術や資産でできることを考えるのではなく、
2030年の世界を創るために、どういった企業努力が必要になるのか、
そうした思考が求められます。

ここで重要なことは、
稼ぐ力とSDGsは相反するものではない」ということです。

だからこそ投資家目線では、
「事業を通して社会的な課題を解決し、社会全体から評価された上で業績を向上させる」
といった企業を選ぶ必要があります。

投資信託を運用するファンドマネージャー等の巨額のお金を動かす
プロの投資家も、こうしたESGを重視する動きは多くなってきており、
逆に言えばESGに全く配慮のない企業はいずれ淘汰されることになるでしょう。

最後に

以前の記事で取り上げた「水の危機」等、
世界中で問題となっている社会問題は数多くあります。

長期投資の観点で見れば、
いずれ必ず必要になるモノに関する企業に投資しておくことは正しいと思います。

稼ぐことと社会に貢献することは一見違うベクトルのように見えますが、
飲食品メーカーが飢餓問題に取り組み、その結果収益を上げることができるように、
表裏一体なものだと言えます。

企業が利益を得る傍で消費者に、ひいては社会にどういった影響を及ぼしているのか
そういった考え方を増やしてみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました